まきたび

旅とハンドメイドの話。

やりたいことがたくさんある場合(七夕マルシェ出展御礼)

清水七夕祭り、ありがとうございました。

旧戸田書店の店内を利用したマルシェ、とってもたのしかったです。




tanabata0.jpg



これが






tanabata1.jpg




こうなった!すごい!まほうみたい!




今回は古書とのコラボレーションということで、

ディスプレイに古書も飾らせてもらったんですけど、

昔の本って装丁きれいなのねー

こうしてコラボして売ると、また違ったディスプレイができて、参考になりました。




お客さんは圧倒的に家族連れが多くて、

お母さんあんまり長時間じっくり見ていられない感じでした。

子育てって大変!

今まで子供って苦手だったんですけど、

TENYNEOさんの客寄せパンダをしていたライオンのぬいぐるみに群がる姿を2日間見ていたら

なんかかわいいなーと思ったり。



やっぱり私、アクセサリー作ってそれを売るのが大好きだわ!

早くネットショップもやりたいな。ないんですか?って聞いてくれたかたも、

ありがたいことに何人かいらっしゃったり。




将来に悩みすぎて、悩むんじゃなくてどれを選ぶか迷う状態になっていたけど、

もっと長い目で将来見つめていくことにした。

決めたんだったよね、「世界一周は一生かけてする」ってね。

若いうちしか、今年しか、何かができないなんてそんなことはないんです。

年を取ったら年を取ったなりの旅の面白さは絶対ある。価値観だって変わるかもしれない。

「若いうちしかできない」なんて、年を取った人が何かをあきらめるための理由

もっといえば、何かをしない言い訳に過ぎないです。




私の知り合いに、50近くなってから幼稚園の教諭を目指した人がいます。

いくつになったって、本気でやりたいことがあれば道は開ける。

若いうちの方がその選択肢や可能性は大きいし、やりやすいかもしれないけど。

やりやすい、それだけのことです。




まあ、時間やお金や家庭や介護の問題で「できなくなる」ことはあるかもしれないけど、

それは今の私と同じように、何を選ぶか考えた挙句の結論なのだから

たとえば結婚して子供を産んだから南米に行けなくなったとしても、

それは旅より家庭を選びたいと思ったということなのだから

そこに文句を言うことだけはしないようにしようって思います。

自分の人生のケツは自分でしか拭けない。汚いたとえですみません。




あれ?たなばたマルシェの話だったよね?

なんで人生の話に?




とりあえず戦利品。


tanabata2.jpg



かわいいでしょーでれでれ。

上のおさらは、粘土でできててすごく軽いの!

金太郎あめ方式で作って、切って、焼いているらしいです。

素材屋フルハウスさんのです。




左下のピアスは、なんとキルギス直輸入ー

フェルトに刺繍ですごくかわいい!タイのど派手サンダルにあわせます。

Lierさんのです。




そして、かわいい地球のブローチは、

絵描きのゆっちょさん




もー参加者の皆さんかわいいものばっかり作ってて、ずるい!状態。

デザフェスでも緩まなかった私の財布のひもが、ゆるゆるでした。

自慢したくてしょーがない!かわいいでしょ?




Aloの次の活動は、8月後半に友人と共同開催する夏祭りの予定です!

初のイベント主催やっちゃうよー!

詳細はまたアップします。

ではではそれまでは、また旅のお話におつきあいくださいー。




にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
関連記事
MSMシャンプー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。