まきたび

旅とハンドメイドの話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅イチおすすめBDと、バクシーシの話

バングラデシュです。





タイというぬるま湯につかりながら旅のプランを考えていた一年前の私は



「バングラマジ行きたくない怖いほんと無理このままチェンマイ行っちゃいたい」



と、一年前のブログに書いてあるののおよそ10倍の恐怖心を持ってバングラデシュに足を踏み入れてたんですけど






結果的には二回行きました。


てへぺろ






個人的に最もおすすめなのが、コックスバザールとセントマーチン島のコラボ。

そのちかくのモヘシュカリ島もよかったよ。

雨季は微妙でしたが、乾季は最高でした。

ていうこととかも、二回行ったからわかるんだぜ!どや!




F00111.jpg



F00590.jpg



F00631.jpg






バングラデシュは結構バスの便が発達しているので、バスで行きましょう。

きっと想像の10倍快適なバスがあります。

エアコン付きだし、水と毛布くれたバス会社もあったよー(その分高かったよー)

タイのバスみたい。





ただねー





うるさい





超人口過密都市に、日本のようなおとなしくつつましやかではない国民性

整備されていない道路

もうねー

クラクション地獄

でした。




バスの席は後ろを選びましょう。

前だと運転手の鳴らすクラクションで

「今すぐ死ぬか、俺を殺せ」

となることうけあいです。







他にはねー

こどもはもちろんかわいいです。





IMG_2669.jpg




IMG_2664.jpg





大人もかわいいです。




IMG_2677.jpg




誰だお前。






道を歩いていると「俺を撮れ」と言われるのは都市伝説でもなんでもなかったんですが




IMG_3782.jpg




クリケットの校内試合のカメラマン

までさせられましたからね。一眼レフを持って歩いていたというだけで!

データくれとか言われたらめんどいなーと思いましたが

「帰るの?じゃーねー!!!!!」

と元気に送り出されました。





そして、考えることの多い国でもありました。

バクシーシのことは前にちょっと書いたんですけど

その後いろいろ私も考えて




「責任の持てない施しはするべきではない」

「やりっぱなしの援助は援助ではい」




という結論に至りました。



お金をあげてその場はその子が楽になっても、根本的な解決にはならない。

ニワトリが先か卵が先かじゃないですけど

お金をあげる人間がいるからバクシーシという生き方が成立してしまってる

とも言えませんかね。




ま、きれいごとで机上の空論なんですけどね、これは。

大事なのは実際バクシーシがどうやって毎日を生きていくかですから。

そのためには施しは必要不可欠なものになってしまっているわけですら。

でも私が施しはしないほうがいいと思うのは

これは、一過性の問題じゃないからです。




バングラデシュの国民なら、あげてもいいと思うんです。自分の国の問題だから。

私の兄ちゃん(過去記事参照)のように、自分のルールを設けてあげる人はいるでしょう。

でも、ただちらっとこの国をのぞきに来て、この国のゆくさきに何の責任もない私たちが

「かわいそう」とか

「働きたくても働けなんだから」とかいって

10円渡して、あとは渡しっぱなし、知りませんって。

無責任じゃない?




今アフリカ開発会議やってますよね。

どこかの首脳が「インフラ整備とか、してくれるのはいいけどやりっぱなしで残されても困る」みたいなこと、ニュースで言ってました。

同じことじゃないかな。

大事なのは継続すること。

継続しなければ、バクシーシのみんなの生活も変わらないし、アフリカのインフラだって整わない。

インフラ整備したら、それを運用する人を育てて、トラブルに対処できるようになって、人々に浸透して、

技術改良して…そうやってかかわり続けることが、本当に「国のために何かする」ことだとおもう。





結局無責任に「働けなくてかわいそう」だから渡した10タカは、

バングラデシュもバクシーシも変えはしない

と思うんです。






今は。






また3ヶ月経ったら意見が変わるかもしれないし

なにげなくコメントもらったらそれに触発されるかもしれないけど

今は、こう思ってます。




とまあ、長くなりましたが



バングラデシュ、いい国ですよ。



いついくの?


F00587.jpg







今で




呼ばれたら、ぜひ。


この記事よかったら

ま、押してください。


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

関連記事
MSMシャンプー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。