まきたび

旅とハンドメイドの話。

2014年07月の記事

雲海に沈む夕日フェチ

想像してみてください。






ふと下を見下ろすと、一面に真っ白な雲

少しだけ視線を上げるとその雲の隙間に夕日が沈んで行って

根元からオレンジの光が伸びてくる

見上げれば、空は青

もっと上は、黒に見えるくらいの青

オレンジと青と黒の境界線が、あいまいに混ざり合っていて複雑な色

色彩の変化を楽しみながら夕日が沈みきったとき

真っ白だった雲が、一面桜色の雲海に変わる






っていう、写真も残っていない、でも私の心にはしっかり残ってる

エディンバラ発ダラマン行の飛行機の中で見た光景、一生忘れない景色でしょう





旅をしているといろいろな景色に出会います。

長くなれば長くなるほど、感動の閾値が上がって、そのありがたみを忘れてしまうけど

初めは空港の入国審査でだって興奮したんだ

飛行機から見下ろす山脈や海や街をいつまでだって見ていられたんだっていうことを

忘れたくないなあと思うわけです。






4gb 296





エディンバラ城から見た光景

入場料14.5ポンドもするのだけど、私にとってはまる見どころがなく・・・





4gb 305




処刑人。なんだけど、陽気。




4gb 326





エディンバラ城近くの古着屋の看板

とてもおしゃんだなーと





edn.jpg




すいません女子的加工写真で。

スコットランドのパブでよくわかんないビールをよくわかんないまま飲むのが好きでした。

ギネスの味が違う気がする・・・!とか言ってたけど、ほんとに違うのかはわかりません。日本でギネス飲まないし。





そういえば、これはかなりショックだったことなんですけど





4gb 328



4gb 313




間違った日本が伝わってました。




和食もそうだけど、ほんと間違った伝わり方するなよ!と思うんですけど

まあ日本でもインドカレーとかラーメンとか間違った伝わり方してるし

そんなもんかなーと思います。





エディンバラで泊まった宿では、案の定外国人と一緒だったんですけど

なまりすぎてて何語しゃべってるのカスでわかりませんでした。

英語しゃべってたんだけどね。

日本人女性とも一緒になって、おいしい鳥のクリーム煮ごちそうになったり、

ドミが二人きりになったのをいいことにワインパーティしたりと、

近年まれにみる楽しいステイになりました。




そういう写真をアップした方が楽しいのはわかってるんだけど、

ないから!

わざわざ飲み会の時に写真を撮るくらいなら、私は酒瓶を手に取るね!





そんなわけで、UK編はこれにて終了です。

ヨーロッパの中でも、大陸とは少し違った雰囲気のイギリス。

とがっていて、暗くて、寒色。そんな印象でした。

でも、なんだろ。もっかい行きたい国なんですよねー。なんだろ。






にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
MSMシャンプー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。